マスターズの練習方法・技術|マスターズ陸上競技

マスターズの練習方法・技術-マスターズ世代からの陸上競技

ただ走れば速くなるわけない!

マスターズの練習方法・技術 | マスターズのメンタルトレーニング | 2019.03.13 (Wed)

最近は様々なスポーツ選手と意見交換をする事が多いです。 

それぞれのスポーツの特性に合ったトレーニングメニューを組み立てて

やっている部分もありますが、速く走る!というチームや個人が

やっているメニューを聞いてみると、ん?と疑問が残る部分もあります。

あらゆるスポーツは筋収縮の速さ、スピードがパフォーマンスアップに

繋がっています。 

なので、ポイントは

速く走るという点において考えると速く走るという行為のメニュー

をしっかり時間をかけてやる事だと思います。

200mや400mのインターバルトレーニングを10本、20本

とか、絶対陸上、短距離選手がやらないようなメニューを走るメニューの

メインでやっているチームもあってびっくりしました。

 

スポーツの局面でマラソンとか長距離などを除いて、

ほぼスピード(アジリティ系の能力含む)+筋力+技術+体力(持久系)のバランスだと思いますが

パフォーマンスアップに重要な分部はそのスピードではないでしょうか?

マスターズ陸上の選手でも、ただ走って本数を重ねている選手

スプリントドリルをただ漠然のこなしている選手

客観的思考と長期的視野に立って成長を組み立てていく能力がまた重要。 

僕がやっているWEBでの指導も最近はニュージランドやデンマークなど世界各国から

指導も来ている。 

ちょっとした意見、疑問をアドバイスしたり、情報提供をしていく事で気付き

目の前がぱーっと明るく未来への希望が開けてくる場合って多いと思います。

僕はそういう部分で人と繋がっていきたいし、陸上選手として培ってきた経験、ノウハウ

を活かしていきたいと思います。 

譜久里武 WEB指導はこちら

https://www.fukuzato.net/training/

漠然とただ走るわけでは速くなれません。

むしろ走れば走る程、遅くなる癖、動きが固定化されて遅くなるケースもあります。

目的意識をしっかり定め、質、内容のあるメニューを考えて継続的にやっていく事が

大事なのです。

社会人とかアスリートは仕事や家庭との両立もあり大変だと思います。

しかしみんな一緒、同じ悩みの中で頑張っているアスリートもいます。

お互い夢への挑戦を楽しんでいきましょう。

応援してます。 

譜久里武


エスカレーターと歩き

マスターズのメンタルトレーニング | マスターズの練習方法・技術 | 2019.03.03 (Sun)

S__3358742.jpg

1月から3月末までに毎週何かしらイベントをやっています。

今年は人生で1番、週末が慌ただしい期間。 

この仕事をやっているとどうしてもこうなるし

喜んでくれる人がまたいてくれるから頑張れるし

何よりやっている自分が楽しんでいる。

それが疲れをためない秘訣なのかも・・・。 

最近、京都から沖縄に帰ってきた時のお話。 

空港に着いた人の中に一緒に歩いて到着ロビーに向かっている時

移動式のエスカレーターがあった。 

7割近くの人がそれに乗った。 

そして再び、約25段くらいの降りる階段とエスカレーターがあった。

それはほぼ9割がエスカレーターに乗っていた。 

あなたは普段どんな感じですか? 

それを見てふと思った。 

ほぼ100%近く、みんな健康にとっては歩く事、エスカレーターよりも

階段を使ったほうが良いと思っている。 

しかし実際には、楽なエスカレーターを使う。 

これは!凄い発見だと思った。 

スポーツも健康運動も週間的に続けるのも良いって事は当然わかっている。 

ジャンクフードやお酒、たばこは身体に悪いと言うのも当然わかっている。

しかし習慣的にやらない。 

つまり

欲望>健康 

欲望主体となって人は判断するって事だ。

だから、行動を変えるにはその欲望スイッチをいい方向に変える動機付け

が必要なんだと思う。

理屈や常識、有益な情報ではなく 

その欲望を上回るような事。 

エレベーターに乗らない圧倒敵に少ない数%の人 

のその小さな欲望を上回れる思考こそ

たぶん人生でも富(健康・財など)を獲得するんだろうな。

と思った。 

その空港の移動式エスカレーターを見て思った。

『よし!歩こう!そしてそのエスカレーターに乗っている人と勝負だ!!』

と楽しんでみた。 笑 


冬期トレーニングについて 譜久里武のトレーニングメニュー

マスターズの練習方法・技術 | 2019.01.10 (Thu)

冬期トレーニングのイメージ

苦しい、キツイ、寒い ってイメージが僕にもあった。 

しかし最近はそんなイメージは消えて 

楽しい、面白い、新たな挑戦、希望ってイメージに近いかな。 

シーズンに入ると大会で結果を出す事にどうしても集中してします。

なのでどっちかといえばコンディショニングを最重要視するので

新しい試み、情報収集、筋力アップ、技術改善、総合的能力アップといった思い切った

トレーニングに時間を置くという時間がなかなか取れない。

今だからこそできる。集中できる事はある。

そんな事を考えると冬期トレーニングってものすごく貴重な時間。

現在、毎日いろんなジャンルの選手の動きや動画を見て指導をしています。 

WEBコーチとか https://www.fukuzato.net/training/

マンツーマン指導とか https://www.fukuzato.net/training/personal.html 

普段の教室とか http://athlete-koubou.okinawa/ 

それはほんと自分自身にとっても為になるし、それが競技にも繋がっている。

ちなみに1月のメニューって大体こんな感じです。

月曜日 体幹トレーニング(自重)

火曜日 スピード系、スピード技術系メニュー

水曜日 休養 

木曜日 スピード持久系トレーニング、サーキットトレーニング 

金曜日 休養 

土曜日 坂トレーニング、階段トレーニング  

日曜日 ウエイトトレーニング  

そんな感じです。

アップでも筋トレ系メニューとプライオメトリックス系メニューをやっています。

競技場で走るのは週2回。 

譜久里武のトレーニングの具体的内容はメルマガに掲載してます。

譜久里武 メルマガ https://www.fukuzato.net/mlmg.html

寒い日が続くと思います。

応援してます。

共に頑張りましょう(^^♪  


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


PageTop