マスターズの練習方法・技術|マスターズ陸上競技

マスターズの練習方法・技術-マスターズ世代からの陸上競技

マンツーマン指導で走力アップ!

マスターズの練習方法・技術 | 2017.08.30 (Wed)

最近マンツーマン指導の依頼が多いです。 

モチベーションが高くみんな素直でほんと陸上が好きなんだなと思い嬉しくなります。  

マンツーマンの良い所はじっくりその子の特徴を見てて長所を活かし短所を気づかせてあげれる

事です。 

その中から本来の走りを取り戻したり、新たな気づきをわかってもらったり

やっているこっちも楽しくなります。   

変化からの自信 

それを持ってまた普段の練習に活かして欲しいですね。 

では早速、マンツーマン指導の子を紹介します。 

まず

静岡県内でもトップクラブの小学校5年生の女子選手   

〇猫背気味になる。

〇固くなる(力む)

〇スタートからの加速が良くない等 

の悩みがあるようでした。 

指導前のスタート姿勢  

39528.jpg 

凄く窮屈な感じですね。重心をうまく使ったスタートが出来ないの加速に

乗っていかない感じになってます。  

そしてスタート・加速・その技術と姿勢と説明を行いました。

指導後 スタート姿勢

39529.jpg  

重心をうまく使えるようにスターティングブロックを一緒に確認しながら加速も上手くいく様になりました。

 

ほんと劇的変化!!走り全体が変化しました。 

そして佐賀県から来てくれた双子の中学1年生 

〇九州大会にも参加したという彼女ですが、2人ともハムストリング(腿裏、大腿二頭筋)

に違和感。お姉ちゃんは約1か月くらい続いているという。 

その理由と原因を探してまたその中で出来る練習と技術を指導しました。 

指導前(妹さん)自己記録14秒5台

指導後(妹さん)

  

指導前(お姉さん)自己記録13秒9台

指導後(お姉さん) 

 

速く走る為のコツと技術をしっかり理解してもらってまた自分の地域に帰って

陸上を更に好きになって楽しんで目標に挑戦して欲しいですね。 

楽しかった!

彼女たちのこれからの陸上をまた応援します。(^_-)-☆  

譜久里武マンツーマン指導

http://www.fukuzato.net/training/personal.html 

宜しくです。(^_-)-☆  


可能性を引き出す為にマンツーマン指導

マスターズの練習方法・技術 | 2017.08.24 (Thu)

【マンツーマン指導】

先日の土曜日、全国小学生陸上大会で嬉しい事がありました。 

今年、3月に福岡県から沖縄に来て頂いて直接マンツーマン指導をした子が

なんと福岡県代表として全国大会6年100mに出場。 

親子共々わざわざあいさつに来てくれました。  

嬉しい。そして感動しました。 

子供のこの吸収力と成長力はほんとハンパない。  

速く走る為に大事なポイントをいくつか指導しただけ。 

それを機にまた自分の陸上クラブでしっかり活かしていけばいい。 

本人の素直さそして頑張り。 

それなんですよね。 

翌日日曜日は、東京でマンツーマン指導。 

静岡県から来てくれました。 

県内の小学5年生でもトップクラスの彼女  

悩んで課題としていた走りとその理由と改善方法

を実際に走ってみながら指導しました。 

そして大事なのでしっかりと説明して全体で共有する事。 

オリエンテーションみたいな感じ。 

お父さんや関係者も入れてやりました。

38300.jpg

中間フォーム 

スタート 

そしてスタートから中間への繋ぎ 

その為の技術とフォーム 

指導前

38302.jpg 

指導後 重心型スタートへ

38301.jpg 

良くなりました。

 

素晴らしい走り! 

将来ほんと楽しみです。 

また成長した姿を見てみたい。   

後は地元に帰って所属しているチームや環境の中でしっかり指導されているコーチから助言等も

受けて楽しく成長していって欲しいですね。   

これからも時間あればどんどんやっていきたいと思います。 

マンツーマンレッスンについてはこちら

http://www.fukuzato.net/training/personal.html

宜しくです

インスタもやってます。 

https://www.instagram.com/fukuzatotakeshi/

かけっこ専門!ジュニアからマスターズまでの陸上クラブ!県内7か所で展開中。 

かけっこなら陸上クラブ アスリート工房クラブ生募集!! まずは無料体験から!!
http://athlete-koubou.okinawa/ 

足が速くなりたい男のメルマガ 是非購読下さい。
http://www.fukuzato.net/mlmg.html

かけっこマンツーマン指導やってます。是非。
http://athlete-koubou.okinawa/spprogram  

ダイエット・筋トレ・パーソナルマンツーマン指導はこちら
http://athlete-koubou.okinawa/spprogram

☆譜久里武への講演・陸上、かけっこ教室のお問合せはこちら
http://www.fukuzato.net/ 

☆全国どこでも対応WEBコーチでかけっこ・陸上競技、走力アップへ
http://www.fukuzato.net/training/  

☆譜久里プロデュース マッサージクリームはこちら
http://www.fukuzato.net/porco.html  

☆障がい者アスリート応援チャレンジプロジェクトはこちら
http://ak-challenge-pj.okinawa/ 


30mダッシュも陸上選手は速いのか?

マスターズの練習方法・技術 | 2017.08.07 (Mon)

よく言われる事がある。

『30mまでは野球選手やラグビー・ウエイトリフティング選手が速い!!』

確かに投擲選手など瞬発系の選手は短距離選手と変わらずに速い選手もいます。 

しかし

私は、やっぱりスプリント能力を高めている選手がまた同時に10mや30m等の短い

距離でもやはり速いと思います。 

筋反射、筋収縮・スピード発揮等を日常的にやっている事の強みがあると思います。

という事なのでやってみたかった事。 

10m測定会!! 

日本プロジェクト協会の協力で小学生ダッシュ大会の時に10m測定会を実施。 

過去、たくさんの小学生へ測定会を実施してきた当協会。

サッカー・野球・ハンドボール・バレーボール等

あらゆるジャンルの小学生へしっかり運動機能向上をサポートしています。 

その結果 

今までの歴代の最高記録1秒93を上回る選手が一気に3人も!! 

陸上クラブアスリート工房でスプリント能力&総合的運動機能向上プログラムをやった選手が上位を独占 

思った事。

やはり、スプリント能力を高める事は30mのダッシュも速くなる!!

それはサッカー。野球あらゆるジャンルにも共通して通用する基本にもなります。 

スプリント能力を高めていく事がまた当らな自分のやっているスポーツを引き出す道具・強み

となるんだと思いました。 

ダッシュ!!

がんばろーっ!! 




PageTop