マスターズ世代からの陸上競技|マスターズ陸上競技

マスターズ世代からの陸上競技

整形外科に行ってきました。結果は・・・。

マスターズの健康・食事・ケア | 2017.09.21 (Thu)

結局、この1か月近く膝の痛みが取れないので、ここはやっぱりちゃんと診断をと!!

何処に行けばいいかわからないので、知り合いに聞いてみて

じゃーそこ!という事で

膝でけっこう有名と言われる宜野湾の整形外科へ 

待った。

1人心細かった。笑

約2時間!! 

『こんな待つんだ。』 

スマホ見たり

新聞読んだり 

本見たり 

週刊誌見たり  

目の前のTV通販番組を見たり 

待つのってほんと大変。笑 

(^^♪ 

途中、爽やかな理学療法士の方がわざわざ挨拶に来てくれた。

『すみません、予約でいっぱいでほんとご迷惑をかけてます。』

いやいや大丈夫です。

その笑顔でまた待つのも元気出ます。

受付の方や案内するスタッフさんも対応がほんと素晴らしいな。 

有り難い。

てな事でやっと診断。 

先生が膝を見て確認してそしてレントゲン。 

レントゲン結果は骨には異常なし  

(´▽`) ホッ。 

しかし 

結局、はっきりとした理由がわからないので、午後また病院に行ってMRI診断で靭帯関係も見るという事になった。

おぉーーーーーーーーーーっ。

またかぁ。。。  

整形外科で1日潰すなぁ。 

人気整形外科体験!! 

と思って頑張ります。(^_-)-☆ 

思った事 

やっぱり定期的なケア、身体のメンテナンス大事ですね。  

いい経験になりました。(^_-)-☆ 

かけっこ専門!ジュニアからマスターズまでの陸上クラブ!県内7か所で展開中。 

かけっこなら陸上クラブ アスリート工房クラブ生募集!! まずは無料体験から!!
http://athlete-koubou.okinawa/ 

足が速くなりたい男のメルマガ 是非購読下さい。
http://www.fukuzato.net/mlmg.html

かけっこマンツーマン指導やってます。是非。
http://athlete-koubou.okinawa/spprogram  

ダイエット・筋トレ・パーソナルマンツーマン指導はこちら
http://athlete-koubou.okinawa/spprogram

☆譜久里武への講演・陸上、かけっこ教室のお問合せはこちら
http://www.fukuzato.net/ 

☆全国どこでも対応WEBコーチでかけっこ・陸上競技、走力アップへ
http://www.fukuzato.net/training/  

☆譜久里プロデュース マッサージクリームはこちら
http://www.fukuzato.net/porco.html  

☆障がい者アスリート応援チャレンジプロジェクトはこちら
http://ak-challenge-pj.okinawa

 


100m9秒台について ストライドとピッチ

マスターズの練習方法・技術 | 2017.09.16 (Sat)

本日のラジオ(OYAKOラジオ体育の時間コーナー)でおしゃべりした内容です。 

日本インカレ!

日本学生選手権大会で桐生祥秀選手のがついに9秒98 追い風1,8m 

ついに日本人で第1号の9秒台選手!!

日本中が沸きましたね!!

ついに待ちに待った瞬間。 

個人的にもアスリート工房で指導もしてくれたので、頑張って欲しいなと思ってたのですごく嬉しく想います。

さて・・・

速く走るという事は どういうことか?

それはピッチとストライドで決定します。 

そして人それぞれにタイプが違うという事です。 

ピッチ型 ストライド型 

 例えば・・・

桐生選手は高速ピッチで有名ですね。

マスコミでは1秒間に約5回転と言われてます。   

桐生選手は9秒98で走ったレースは100mを47歩で走ってます。

計算すると

①10,02 m/s のスピード1秒間に10m進んていて

4,71 step/S つまり1秒間に4,7歩の回転数(ピッチ)

③2.13 M/Step つまり平均ストライドは2,13㎝ 

4m7は凄いピッチですね。 

そして同じく9秒台の可能性がある山縣亮太選手 

リオ五輪準決勝10秒05で100mを走ったレースが48,5歩

計算すると

①9,97 m/s のスピード1秒間に9m97㎝進んていて

4,83 step/S つまり1秒間に4,8歩の回転数(ピッチ)

③2.06 M/Step つまり平均ストライドは2,06㎝  

そうなんです。

この2レースを比べるとピッチは桐生選手より山縣選手が高いんです。 

ちなみに前日本記録保持者の伊東 浩司選手の100m10秒00の時の歩数が45歩

①10.00 m/s のスピード1秒間に10m00㎝進んていて

4,50 step/S つまり1秒間に4,5歩の回転数(ピッチ)

③2.22 M/Step つまり平均ストライドは2,22㎝   

どっちかといえば桐生選手や山縣選手のピッチより落ちてます。

しかしその分、ストライドが大きい特徴がありますね。 

ストライド型といえるのではないでしょうか? 

そしてウサイン・ボルト選手 

そう9秒58の世界記録保持者です。 

彼はどうか?彼は世界記録を出した時のレースで100mを41歩で走ってます。

①10.44 m/s のスピード1秒間に10m44㎝進んていて

②4,28 step/S つまり1秒間に4,2歩の回転数(ピッチ)

③2.44 M/Step つまり平均ストライドは2,44㎝   

ピッチよりも大きくストライドを伸ばして走る特徴がありますね。 

ちなみに私。

100mは調子がいい時は47歩ですね。

48歩かかると10秒台では走れません。 

なぜなら私のピッチは4,20前後だからです。

もちろん私もストライド型です。

指導するならその選手の強みを活かした指導もまた大切だと思います。 

いづれにせよ、最近の100mが俄然盛り上がってきましたね。 

世界へ挑戦するアスリート達

かっこいいですね。 

これからも応援したいと思います。

そして自分もまたその勢いを借りて頑張ります。(^_-)-☆ 


100mを速く走る為のモチベーションで世界記録を調べた!!

マスターズのメンタルトレーニング | マスターズの練習方法・技術 | 2017.09.05 (Tue)

100mの各カテゴリーの世界記録を調べて見ました。

WMA RECORDSから 

100m

M 35 9.96 Kim Collins SKN 38 20/07/14 London, GBR

M 40 9.93 Kim Collins SKN 40 29/05/16 Bottrop, GER

M 45 10.72 Willie Gault USA 45 24/06/06 Indianapolis, USA

M 50 10.88 Willie Gault USA 50 07/05/11 Los Angeles, USA

M 55 11.30 Willie Gault USA 56 07/05/16 Eagle Rock, USA

やべーーーーっ。 

50歳の世界記録って10秒88かよ。 

50歳で10秒台で走る事が出来れば世界記録も狙えるけど・・・。

それまでに現状維持かそれ以上の努力が必要だなぁ。

ほんと世界は凄いし広いなぁ。

だからこそ面白い。 

始めからどうせ無理・できないとかじゃなく 

少しでも近づけれるようにその基準をモチベーションとする事が大事なんだよね。 

その為に全力で楽しむ。そして追及する。 

その過程、プロセスが結局価値があるのだからね。  

まだ知らない世界がたくさん。 

わくわくだ!! 

その準備としてまた今日も頑張るよ。

あっ・・・。 

足怪我しているんだわ。 

今日はお休み。 

筋肉と細胞を超回復させます。(^_-)-☆  


«前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


PageTop