マスターズ世代からの陸上競技|マスターズ陸上競技

マスターズ世代からの陸上競技

100m9秒台について ストライドとピッチ

マスターズの練習方法・技術 | 2017.09.16 (Sat)

本日のラジオ(OYAKOラジオ体育の時間コーナー)でおしゃべりした内容です。 

日本インカレ!

日本学生選手権大会で桐生祥秀選手のがついに9秒98 追い風1,8m 

ついに日本人で第1号の9秒台選手!!

日本中が沸きましたね!!

ついに待ちに待った瞬間。 

個人的にもアスリート工房で指導もしてくれたので、頑張って欲しいなと思ってたのですごく嬉しく想います。

さて・・・

速く走るという事は どういうことか?

それはピッチとストライドで決定します。 

そして人それぞれにタイプが違うという事です。 

ピッチ型 ストライド型 

 例えば・・・

桐生選手は高速ピッチで有名ですね。

マスコミでは1秒間に約5回転と言われてます。   

桐生選手は9秒98で走ったレースは100mを47歩で走ってます。

計算すると

①10,02 m/s のスピード1秒間に10m進んていて

4,71 step/S つまり1秒間に4,7歩の回転数(ピッチ)

③2.13 M/Step つまり平均ストライドは2,13㎝ 

4m7は凄いピッチですね。 

そして同じく9秒台の可能性がある山縣亮太選手 

リオ五輪準決勝10秒05で100mを走ったレースが48,5歩

計算すると

①9,97 m/s のスピード1秒間に9m97㎝進んていて

4,83 step/S つまり1秒間に4,8歩の回転数(ピッチ)

③2.06 M/Step つまり平均ストライドは2,06㎝  

そうなんです。

この2レースを比べるとピッチは桐生選手より山縣選手が高いんです。 

ちなみに前日本記録保持者の伊東 浩司選手の100m10秒00の時の歩数が45歩

①10.00 m/s のスピード1秒間に10m00㎝進んていて

4,50 step/S つまり1秒間に4,5歩の回転数(ピッチ)

③2.22 M/Step つまり平均ストライドは2,22㎝   

どっちかといえば桐生選手や山縣選手のピッチより落ちてます。

しかしその分、ストライドが大きい特徴がありますね。 

ストライド型といえるのではないでしょうか? 

そしてウサイン・ボルト選手 

そう9秒58の世界記録保持者です。 

彼はどうか?彼は世界記録を出した時のレースで100mを41歩で走ってます。

①10.44 m/s のスピード1秒間に10m44㎝進んていて

②4,28 step/S つまり1秒間に4,2歩の回転数(ピッチ)

③2.44 M/Step つまり平均ストライドは2,44㎝   

ピッチよりも大きくストライドを伸ばして走る特徴がありますね。 

ちなみに私。

100mは調子がいい時は47歩ですね。

48歩かかると10秒台では走れません。 

なぜなら私のピッチは4,20前後だからです。

もちろん私もストライド型です。

指導するならその選手の強みを活かした指導もまた大切だと思います。 

いづれにせよ、最近の100mが俄然盛り上がってきましたね。 

世界へ挑戦するアスリート達

かっこいいですね。 

これからも応援したいと思います。

そして自分もまたその勢いを借りて頑張ります。(^_-)-☆ 


100mを速く走る為のモチベーションで世界記録を調べた!!

マスターズのメンタルトレーニング | マスターズの練習方法・技術 | 2017.09.05 (Tue)

100mの各カテゴリーの世界記録を調べて見ました。

WMA RECORDSから 

100m

M 35 9.96 Kim Collins SKN 38 20/07/14 London, GBR

M 40 9.93 Kim Collins SKN 40 29/05/16 Bottrop, GER

M 45 10.72 Willie Gault USA 45 24/06/06 Indianapolis, USA

M 50 10.88 Willie Gault USA 50 07/05/11 Los Angeles, USA

M 55 11.30 Willie Gault USA 56 07/05/16 Eagle Rock, USA

やべーーーーっ。 

50歳の世界記録って10秒88かよ。 

50歳で10秒台で走る事が出来れば世界記録も狙えるけど・・・。

それまでに現状維持かそれ以上の努力が必要だなぁ。

ほんと世界は凄いし広いなぁ。

だからこそ面白い。 

始めからどうせ無理・できないとかじゃなく 

少しでも近づけれるようにその基準をモチベーションとする事が大事なんだよね。 

その為に全力で楽しむ。そして追及する。 

その過程、プロセスが結局価値があるのだからね。  

まだ知らない世界がたくさん。 

わくわくだ!! 

その準備としてまた今日も頑張るよ。

あっ・・・。 

足怪我しているんだわ。 

今日はお休み。 

筋肉と細胞を超回復させます。(^_-)-☆  


マンツーマン指導で走力アップ!

マスターズの練習方法・技術 | 2017.08.30 (Wed)

最近マンツーマン指導の依頼が多いです。 

モチベーションが高くみんな素直でほんと陸上が好きなんだなと思い嬉しくなります。  

マンツーマンの良い所はじっくりその子の特徴を見てて長所を活かし短所を気づかせてあげれる

事です。 

その中から本来の走りを取り戻したり、新たな気づきをわかってもらったり

やっているこっちも楽しくなります。   

変化からの自信 

それを持ってまた普段の練習に活かして欲しいですね。 

では早速、マンツーマン指導の子を紹介します。 

まず

静岡県内でもトップクラブの小学校5年生の女子選手   

〇猫背気味になる。

〇固くなる(力む)

〇スタートからの加速が良くない等 

の悩みがあるようでした。 

指導前のスタート姿勢  

39528.jpg 

凄く窮屈な感じですね。重心をうまく使ったスタートが出来ないの加速に

乗っていかない感じになってます。  

そしてスタート・加速・その技術と姿勢と説明を行いました。

指導後 スタート姿勢

39529.jpg  

重心をうまく使えるようにスターティングブロックを一緒に確認しながら加速も上手くいく様になりました。

 

ほんと劇的変化!!走り全体が変化しました。 

そして佐賀県から来てくれた双子の中学1年生 

〇九州大会にも参加したという彼女ですが、2人ともハムストリング(腿裏、大腿二頭筋)

に違和感。お姉ちゃんは約1か月くらい続いているという。 

その理由と原因を探してまたその中で出来る練習と技術を指導しました。 

指導前(妹さん)自己記録14秒5台

指導後(妹さん)

  

指導前(お姉さん)自己記録13秒9台

指導後(お姉さん) 

 

速く走る為のコツと技術をしっかり理解してもらってまた自分の地域に帰って

陸上を更に好きになって楽しんで目標に挑戦して欲しいですね。 

楽しかった!

彼女たちのこれからの陸上をまた応援します。(^_-)-☆  

譜久里武マンツーマン指導

http://www.fukuzato.net/training/personal.html 

宜しくです。(^_-)-☆  


«前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


PageTop