マスターズ世代からの陸上競技|マスターズ陸上競技

マスターズ世代からの陸上競技

世界室内陸上の思い出

マスターズの練習方法・技術 | 2017.03.24 (Fri)

何が何でも世界一!!

という気持ちを持って挑んだ2016年世界マスターズ陸上大会

準決勝まで全体でトップ通過 

世界一になれるぞ!!との気持ちを持って挑んだ決勝。

0,01秒差で敗れた。

悔しさでいっぱいだった。

しかしセレモニーの時に当時の世界チャンピオンのアメリカの選手から温かいエールをもらった。 

心の部分。 

その時、世界チャンピオンとの差は大きいなと痛感。

まだまだ足りない。

その時に気づいた事があった。 

『世界一に相応しい男になろう。』

あれから半年。 

世界一になる!という強い意識よりも

世界一になる!と思って続けた毎日を大切に正直に過ごすことを考えてきた。 

一生懸命打ち込んだ日々の積み重ねがものすごく大事なのだから。 

そして今回の世界室内陸上

予選 7秒33で全体でトップ通過 

準決勝 7秒30 全体で2位通過 

全体1位の選手はゆとりのある走りで7秒21 

0,09の差。

そして決勝 

出遅れた感じもあるが他の選手が速い

焦らずに自分の走りにだけ集中した。 

あとは無我夢中。 

気がつけばゴール。 

あっという間に終わった感じ。 

ゴール後はどっちが勝ったかわからなかったけど

正直な気持ち

『頑張ったから(1位でも2位でも)どっちでもいい。』

気持ちがあった。

10841.jpg 



世界挑戦への旅

マスターズのメンタルトレーニング | 2017.03.12 (Sun)

旅行、旅はいい。

実にいい。 

いつもと違った環境・景色・空気・人

非日常を体験して心がリセットされる。

『また頑張ろう!』って思う原動力となる。

そして感謝や未来に対してモチベーションが高まってくる。 

歳を重ねて行く中で利口になった気になる自分。

いつもの同じ習慣・環境が居心地が良くなっている自分。 

たまには少し変化をつけて見るとまた新しい景色が見えてくる。 

その中で発見できる素晴らしい物がある。  

世界一を狙った世界マスターズから5か月。 

何が何でも世界一って気持ちでいた自分。 

100分の1秒差で2位

気づいた事。

すごーく大切な事。

世界一へなれる王者との違い。 

今もその差を埋める為の旅の途中。 


続きを読む: 世界挑戦への旅

世界挑戦!まずはやってみよう!!Shaolong To The Sky

2017.03.07 (Tue)

『やってみよう』

2013年世界陸上マスターズブラジル大会
100M 40歳以上で銀メダルを
掴みとった男 譜久里 武に出会い

触発され、挑戦する事の意味、今この瞬間をそして人生を全力で刻むという
想いを描いたロックンロールチューン!!


「年齢や環境なんて関係ない」

止まってるだけでは何も始まらない

まずはやってみようという決意が自分の全てを変える


言葉だけでなく、リアルに体現し続ける男達が命の炎を燃やし続けるロックンロールコラボレーションここに完成!!

出演 : 譜久里 武 選手

撮影・編集 : D&M FILM (又吉洋平)

サポート : 谷 亜里砂 具志堅 祥子

【映像制作 ご依頼】
info.studio.dm098@gmail.com

【Shaolong To The Sky Official Site】
http://www.shaolongtothesky.com/ 

 




PageTop