50代日本記録樹立『宮本義久選手』おめでとうございます

マスターズ世代からの陸上競技

50代日本記録樹立『宮本義久選手』おめでとうございます

2018.05.18 (Fri)

50代日本記録樹立『宮本義久選手』

ここ沖縄は、梅雨入り真っただ中...のはずが、連日30度越えの暑い日が続いています。

梅雨時期で屋内練習が多めになるかな?と思ってたので、これは嬉しい誤算。

梅雨らしい天気になるまで屋外練習中心でいこうと思っています。

全国的に暑い日が続いているようなので、みなさまも熱中症に気を付けて練習頑張りましょう!

さて、話は変わり。

つい先日、私が尊敬する先輩がマスターズ陸上M50クラスの100mと200mで日本記録を樹立しました。

記録は100mが11.45(+1.0)、200mが23.50(+1.3)。

60mでは追い風参考記録(+2.1)で惜しくも非公認となりましたが、7.14という50歳代としては驚愕ともいえる記録を出してます。

この先輩の名前は、『宮本義久』さん50歳。

僕が尊敬するマスターズアスリートの1人

昨年のマスターズ陸上で直接対決して、私が負けた相手です(笑)

 

実はマスターズ陸上を始めてから、年上、かつ、日本人に負けたのはそれが初。

でも、彼の競技にかける思いや日々の練習、怪我からの復活ストーリーを知っていたので、その時は負けた悔しさより、「先輩のようにもっと頑張らなければ」と思えたんですよね。

マスターズ陸上には、このように歳を重ねるごとに成長していく凄い先輩が沢山います。

「もう歳だから遅くなるのは当然」

そんなこという人は少ないでしょう。

加齢と逆行してアップしていく身体パフォーマンスやモチベーション。

そんな先輩たちに刺激を受けることで私も自分を成長させることができるんです。

「一体いくつまで成長できるんだろう」

これがマスターズの魅力の1つなんでしょうね!

全国には超人がたくさん。

面白いよマスターズ陸上!! 

さて、その先輩のトレーニング方法や取り組み姿勢、練習メニュー等を先日インタビューさせてもらいました。

やはり結果を出せる人は哲学的な思考と裏付けされる練習メニューがあるりますね。 

しっかりと計画的にビジョンを持ってやっている。

ものすごく勉強になりました。 

その模様は譜久里武の本日配信予定のメルマガに詳しく掲載してます。

そして私の実際にやった練習メニューも紹介してます。

是非参考にして下さい。

譜久里武メルマガはこちら

http://www.fukuzato.net/mlmg.html 

さて・・・まだ若い世代の俺も頑張ろう!! 

100m10秒台を目指して!!


短距離・陸上競技のパーソナルレッスン
世界マスターズ大会金メダリストが教えるインターネット限定の個別指導陸上教室

パーソナル陸上コーチレッスン
譜久里武がマンツーマンで教える対面式の60分個別指導レッスン



PageTop